流行りのサプリ、馬プラセンタについて

馬プラセンタが人気の理由

流行りのサプリ、馬プラセンタについて

 

プラセンタは美容に良いものとして注目されていますが、その中でも動物性や植物性といった種類があります。動物性プラセンタのなかには馬由来の馬プラセンタがあり、今注目されています。

 

美容目的で使われることが多いのが豚由来のプラセンタになりますが、それに次ぐ人気を誇っているのが馬プラセンタになります。何故馬プラセンタがそこまで人気が高いかと言いますと、プラセンタの美肌効果はアミノ酸によるところが大きく、一般的なプラセンタよりも馬プラセンタはアミノ酸が300倍含まれていると言われています。それに加えて豚プラセンタには含まれていない必須アミノ酸6種類も含まれているところが人気の秘密なのです。

 

また動物性プラセンタには副作用がありますので取扱いには注意が必要になります。しかし、同じ動物性プラセンタである馬プラセンタは豚由来のものよりか遥かに安全性が高いのです。豚は病気に罹りやすい動物になりますから薬やワクチンをよく使われており、プラセンタになった時もその影響が考えられます。馬の場合は病気に強く健康的であり、体温が高い動物になりますので寄生虫が少ないと言われているので副作用が極めて少ないのです。それに加えまして、馬プラセンタを摂取する馬のほとんどはサラブレッドになりますので血統がハッキリしている上に管理が行き届いていますから安全面だけではなく衛生面でも優秀なのです。

 

このように馬プラセンタは優秀なプラセンタなのですが、それほど普及していない理由としては高価な価格になります。安全面や衛生面が良いので需要が高いのですが、馬は豚と違い毎年一頭ずつしか出産はせず、妊娠期間も長いので大量に生産するのが難しいのです。需要は高いのに供給が追い付かない現状がありますので高い値段になってしまい、多くの方に普及しないのです。多くのプラセンタの中でも副作用が少なく優秀なので人気になるのは当然と言えるのではないでしょうか。

 

 

プラセンタの効果について

流行りのサプリ、馬プラセンタについて

 

プラセンタとは、英語で「胎盤」という意味ですが、胎盤そのものではなく胎盤から細胞分裂を促進させる成長因子(グロースファクタ)やその他の栄養素を抽出したもののことをいいます。プラセンタにはグロースファクタだけではなく、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。一般的にサプリメントやドリンクなどの健康食品などに含まれているものは、豚や馬を使ったものが主流となっています。

 

さまざまな栄養素を含んでいるプラセンタは、健康や美容に対しても色々な効果を期待することができます。美容面での効果としては、メラニン色素の生成を抑えるためシミの予防や美白効果、肌の弾力を生み出すコラーゲンの生成をサポートしたり、新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを正常化させることによって肌トラブルの改善などを期待することができ、抗酸化作用によってニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑制し、血行を良くことでくすみの改善に役立ちます。また、アンチエイジングや疲労回復にも良いとされています。

 

健康面での効果としては、血行促進によってさまざまな生活習慣病の予防、ホルモンバランスの正常化、血流がスムーズになることによる冷え性の改善、ウイルスや細菌に対する免疫力の向上、精神を安定させる効果があるためうつ病や自律神経失調症などの精神疾患の改善が期待されており、ほかにも不眠症や更年期障害を良くするなどの効果があるとされており注目されているのです。

 

プラセンタは、原材料によって特徴が異なってきます。植物性のものは成長因子がなく、アンチエイジングや疲労回復には向かないとされていますが、動物性の物とは異なり臭いが無いため取り入れやすいという特徴があり、海洋性のものはアミノ酸が豊富でホルモンバランスを整える効果が高く、馬はビタミンやアミノ酸が豊富に含まれており、豚は馬に比べると栄養素が低いですがその分手に入れやすいなどの特徴があります。

 

 

プラセンタ注射のメリットとデメリット

流行りのサプリ、馬プラセンタについて

 

プラセンタとは、英語で胎盤を意味します。サプリメントやドリンクなどに利用されるプラセンタは胎盤そのものではなく、胎盤から抽出された成長因子(グロースファクタ)やアミノ酸、ミネラルなどの栄養成分を抽出した物を利用しています。さまざまな種類のプラセンタがあり、豚や馬などの動物性の物から、植物性や海洋性のものなどがあります。そんなプラセンタを利用したのがプラセンタ注射になります。医薬用プラセンタ注射は、厚生労働省によって医薬品として認可されており慢性肝疾患の治療や更年期障害の治療のために保険適応が認められています。美容目的でも利用する事ができますが、保険適用外のため注意が必要となります。

 

医用プラセンタ注射とは、国内の正常分娩で生まれた人の胎盤を使って作られた物です。病気が無いことを確認した胎盤が使われており、プラセンタを注射によって体内に投与することによって細胞の新陳代謝を促し、アミノ酸やビタミンなどを摂取することができます。効果としては、美白や保湿、シミやしわ、たるみの改善、女性特有の更年期障害や生理痛、冷え性などを治し、健康面でも疲労回復や肩こり、腰痛などを治す効果がが期待することができます。また、精神面でも自律神経失調症やうつ病、不眠症の改善などのメリットがあります。

 

副作用などのデメリットとしては、皮下注射や筋肉注射では重篤な副作用はほとんどないとされています。体質によっては悪寒や発疹、発熱などの反応が起こる場合がありこのような症状が出たときにはすぐに投与を中止します。静脈注射によって投与してもすぐに体外に排出されてしまったり、血圧の低下やショック状態、呼吸困難などの症状が現れてしまう可能性もあるため注意が必要です。

 

また、ヒト由来のヒトプラセンタを使用した場合、内服薬やサプリメント、ドリンク剤などで摂取した場合は対象には含まれませんが、注射で摂取した場合は献血制限の対象となります。

 

 

プラセンタ化粧水の効果について

流行りのサプリ、馬プラセンタについて

 

プラセンタとは動物の胎盤のことをいいます。胎盤はミネラルやアミノ酸など、多くの栄養素をふくんでおり、美容に利用させているプラセンタは主に、牛や馬、羊などになります。人間の胎盤は主に医療用に利用されています。年齢を重ねると、様々な肌トラブルが起こります。シミやしわ、たるみや乾燥など、人によって症状は違いますが、プラセンタは厚生労働省が医薬部外品として認めた美白成分であり、ハリや潤い、美白にも効果があるといわれています。

 

プラセンタ配合の化粧水を使用することで期待できる効果に、まず美白作用があります。紫外線やストレス、乾燥など外からの刺激でシミはできやすくなります。このようなシミを、過剰なメラニンの色素の生成を防いでくれます。また、活性ペプチド、ビタミンCやE、ミネラルなどの抗酸化作用を持つ成分が含まれていて、活性酸素の発生を防いでくれます。活性酸素が多く発生すると、細胞が酸化してさびやすくなります。

 

からだがさびると、からだの様々な機能が低下したり、紫外線により発生した活性酸素を除去しようとメラニン色素が分泌されて、シミやソバカスの原因となります。この活性酸素の発生を防いでくれる働きがあります。そして、アミノ酸がお肌の新陳代謝を整え、肌のバリア機能を高めてくれます。加齢ともに脂の分泌量が減ると、肌を守る皮脂膜の機能が衰えます。皮脂膜の機能が衰えることで肌のバリア機能が失われ、外部の刺激から肌を守れなくなり、様々な肌トラブルを引き起こします。

 

アミノ酸にはこのバリア機能を高めてくれる働きがあります。またプラセンタには、ニキビの炎症を抑制し、アレルギーによるアトピー性皮膚炎を改善する効果があります。プラセンタ化粧水の選び方は、相乗効果が期待できる成分が他に配合されているものを選ぶと効果的です。例えば、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲンなどはプラセンタとの相乗効果があります。化粧水は、顔全体にしっかりとなじませ、乾燥が気になる部分には、コットンでパックすると、さらに効果的です。

 

 

プラセンタサプリの美容・健康効果

流行りのサプリ、馬プラセンタについて

 

プラセンタとは、英語で胎盤のことです。胎盤には、アミノ酸やたんぱく質、ミネラル、ビタミンなどの他に生理活性ペプチドと呼ばれ細胞分裂を促す成長因子が含まれています。以前から、美容外科などでは、美容や更年期障害に良いとされ、ヒトのプラセンタを注射していました。今では、プラセンタサプリが市販されています。

 

プラセンタサプリは豚や馬、羊の胎盤から作られています。通常は、酵素分解し成分を抽出し、加熱処理されます。加熱処理によりウイルスや細菌を殺すことができるのですが、大半の有用成分はここで少なくなってしまいます。生プラセンタと呼ばれるプラセンタサプリメントでは、そうした加熱処理を用いず、特殊な精製方法で作られており、有用成分が残っています。

 

プラセンタの美容効果としては、シワやシミの改善効果があげられます。シワは、加齢によりコラーゲンが減少することや、紫外線によりコラーゲンの網目が壊されることにより生じます。プラセンタには、生理活性ペプチドが含まれており、コラーゲンの生成を促す効果が認められています。また、シミの原因は紫外線による生じるメラニン色素の沈着ですが、プラセンタは、皮膚のターンオーバーを促します。また、メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素の働きを阻害してメラニン色素自体も作らなくする効果があります。

 

プラセンタの健康効果としてはアンチエイジング、更年期症状の改善が挙げられます。プラセンタサプリを摂ることにより、生理活性ペプチドを補給することができるので、細胞が活性化され、体の中からアンチエイジングすることが可能です。また、プラセンタには、自律神経を調節する作用やホルモンバランスを整える作用があります。更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの急速な減少が原因ですが、プラセンタを摂ることで、不調が改善されることが分かっています。病院でもプラセンタを処方されているくらいです。プラセンタサプリを摂ると、いきいきとした生活が送れそうですね。

 

敏感肌の方にこそ試してほしい、シンプルケア

 

私は幼い頃から人一倍肌が弱く、ささいな事ですぐに肌荒れしてしまう体質でした。それを不憫に思った母は、様々な治療方法を、私に試してくれたのです。漢方薬をはじめ、化学調味料はもちろんお肉も一切食べない食事療法、オーガニックの保湿剤…もちろん、病院でステロイド治療も行いました。でもそのどれもが私の肌質を変える事はできなかったのです。むしろ、ステロイドの常用によりより薄く弱い肌へとなってしまっていました。

 

その時の後遺症で皮膚はいまだに薄いですが、今では同年代の女性とくらべかなり状態のいい肌を保っています。ファンデーションすら必要ないくらいに。これから説明する方法が、万人に効果があるとは思いません。今まで私がだめだった治療だって、それで良くなった方がいたのですから。でも正直、漢方薬やいい化粧品はお金がかかりますよね。親には負担をかけたなと心苦しく思います。

 

けれど私が続けているシンプルケアは月にかかるお金が全身で大体1000円程度。化粧水も、美容液も使っていません。必要なのは白湯(水道水をしばらく沸騰させ、飲める温度にまで冷ましたもの)、皮膚科で処方してもらえるビーソフテンの油性クリーム(ヒルドイドソフトというクリームのジェネリック医薬品です)のふたつだけ。ビーソフテンにはヘパリン類似物質というものが含まれており、それは水分を蓄えておく効能があります。それをお風呂上がりと朝着替える前の2回、全身に塗ってください。

 

それに加えなるべくマメに白湯を摂取し、内側と外側から保湿するんです。たったそれだけで信じられないことに私の肌は2ヶ月ほどで劇的に改善しました。色々頑張ってる方にこそぜひ一度試していただきたいです。

続きを読む≫ 2016/02/10 09:34:10

普通のことしかしていなくても美肌でいられる

 

美肌でいるためには何か特別なことをしなければいけないような気がしますが、そんなことはありません。私が普段していることは、ごくごく普通のことです。マッサージ等、特別何もしていません。基本的なスキンケアを、毎日きちんとしているだけです。クレンジング(落とす)、洗顔(洗う)、化粧水(保湿)の3点セットを当たり前のようにしていれば、何か特別なことをしなくても綺麗でいられると思います。

 

クレンジングも洗顔も、ゴシゴシやってはいけません。?余計な力を入れず優しく?がポイントです。洗顔はしっかり泡立ててモコモコの泡を作り、泡を転がすように優しく洗うと良いと思います。手で泡立てるのは難しいですが、泡立てネットを使うと早く綺麗な泡が作れます。泡立てネットは色々な形がありますが、自分が使いやすい形を見つけると良いと思います。モコモコの泡で洗うと、洗い上がりがとても気持ち良いです。タオルで顔を拭くのも、優しく水分を吸い取ると良いです。化粧水は、手ではなくコットンを使うと均等につけられると思います。パッティングしながらつけると、より浸透するのでお薦めです。

 

毎日どんなに忙しくても、美肌でいたいと思います。時間のかかる面倒くさいことはしたくありません。毎日当たり前のようにすることは、シンプルでないと続けられないと思います。私はこれからも、クレンジング(落とす)、洗顔(洗う)、化粧水(保湿)の3点セットをすることで、少しでも美肌でいたいです。

続きを読む≫ 2016/02/10 09:34:10

1日1回、肌の血行を良くするためにかっさを習ってみました

 

30歳前後からほおがこけて肌がくすみがちになりました。会う人会う人から「なんだか痩せこけたね~」と言われ、自分でもすごく老けて見えるようになりました。もちろん年齢を重ねたせいもありますが、当時仕事のストレスを抱えており、肩コリ首コリもひどかったことを覚えています。

 

以前なにかのテレビ番組に、双子の姉妹が生活習慣によって将来のお肌が全然違ってくるということを証明するような特集があっていて、そっくりだった一卵性の双子の姉妹が、おばさんになったときの姿があまりにも異なっていて衝撃でした。片方はよく動き、顔の筋肉もよく使っていましたが、もう片方はデスクワークで血行の悪い生活をしていたようです。どちらがどちらか一目瞭然でした。

 

以来、私も血行の悪い生活とさよならすることに決めました。その日のコリはその日のうちにとる!そう決めました。それが手軽にできると聞いて、かっさを習いに行きました。かっさとは古来中国の時代から、水牛の角などを使って作った美容器具で、顔や身体どこにでも使えます。一度にたくさんの範囲を施術することができるので、ほんの少しの力と時間で、老廃物を流し、血行を良くしてくれます。顔にかっさを使う時は必ず鎖骨→首→顔と上がっていくそうです。

 

鎖骨は下水道のような働きをしていて、下水の流れを良くしておいて顔の老廃物を流すのが効果的だそうです。顔を左右に分けて、こめかみに向かってあご、口角、小鼻の横と上げていきます。終わると顔がほかほかして、血行が良くなり、くすみが改善されました。

続きを読む≫ 2016/02/10 09:34:10

身体の中から外から、美肌への道は毎日コツコツです。

 

理想の美肌は毛穴、シミ、シワの無いパールのような艶肌です。しかしそこまでの道は遥か遠い気もしますが、歳の割には肌がきれいと言われることもある私が、日頃美肌になる為にやっていることをご紹介します。

 

まず身体の外からのケアとして、UV対策・洗顔・マッサージを行っています。UV対策は、一年中365日欠かさず日焼け止めを塗っています。塗るというよりも肌にぴたっと密着させるように押す感じで、細かいところもきちんと付けると効果的です。忘れがちですが、首の後ろと耳にもしっかり塗ることをオススメします。

 

次に洗顔は、まずお湯ですすいで顔の毛穴を開かせます。そして弾力のあるキメの細かい泡をたっぷり作って顔全体に乗せ、強くこすらずに優しく泡だけを動かすように洗って、すすぎもシャワーの水を直接掛けるのではなく、手ですくって最低でも30回はすすぐとキメの細かいもっちり肌になります。

 

そして顔のむくみやくすみにはマッサージが効果的です。耳をつまんで軽く引っ張ったりグルグル回したりします。次に耳の下の付け根を親指で数回押して、首を傾けた時に出来る筋にそって上から下へ指でつまんで行きます。最後に両腕を後ろ回りに5、6回グルグル回すと血行が良くなり顔がすっきりします。

 

身体の中からのケアとしては、ビタミン・鉄分・食物繊維を多く摂るように気をつけていますが毎日の献立で多く摂るのは大変なので、朝の青汁と鉄分のサプリメントに頼っています…あと最近始めた週3回、約1時間のウォーキングでお腹の調子も快調で肌にも良いです。

続きを読む≫ 2016/02/10 09:34:10

肌のトラブルも改善!一石二鳥にもなる!!

 

今まで、肌のスキンケアなんてしたことなかったんです。パックやマッサージなどもなかったし、化粧はしても洗顔で落とすのみでした。にきびや吹出物はしょうがないって感じで、洗顔をこまめにする程度でそこまで気にしていませんでした。

 

ですが、ひょんなことから婦人科で診察することになり…超低量ピルというのを服用することとなりました。そしたら、二か月くらい経ってからまわりの人に『最近お肌きれいだけど、何はじめたの?』などと声をかけられるようになりました。親や子どもからも、肌がきれいだと言われることが多くなり言われてみると、化粧の乗りもいいし、吹き出物ができなくなったりしていました。婦人科の先生に聞いてみたら、子宮の治療の薬でもあるけど女性ホルモンの関係で美肌になる方もいるようなんです。

 

もちろん、すべてそうなるわけではないですけど、私はまたまたそうなったみたいです。今は服用し始めてから半年以上経ちますが、お肌はとってもきれいで若く見られるようになりました。現在33歳なのですが、25歳くらいに見られてしまうんです!ここまで若く見られたのは初めてで、とてもうれしく思います。

 

子宮のトラブルも改善できて、そのおかげで貧血もよくなりましたし、お肌もキレイになるなんて一石何鳥ですかね(笑)?たまに化粧を落とし忘れて寝てしまうことがありますが、荒れたりはしていません。ただ、脂症までは治りませんでしたので、洗顔で脂症用のものを使って調節しています。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:26:02

美肌になるためには、まずは何よりも保湿ケアを

 

美しい肌は女性の永遠の憧れだと思います。私も憧れ続けるうちのひとりです。

 

一般的に美肌にいいとされているものは、とりあえず片っ端から試しました。今流行りのココナッツオイルやスロージュースなど話題になったものも試したのですが、私の場合はオイルによっては肌が荒れてきてしまったり、速効性が感じられなかったり、作るのが面倒くさかったりで、なかなか継続が出来ませんでした。そもそも、ひどい乾燥肌だったので、肌が乾いてる状態ではどんなにお手入れをしてあげても、効果が出づらく感じました。

 

そこで、まずは保湿ケアを充分にしようと思い、化粧水の前に角質クリア成分が配合されているプレ化粧水をつけるようにしました。これは美容アドバイザーの方に勧められて購入したのですが、角質を落とすことによって、その後の化粧水や美容液の浸透率を格段とあげる効果があるそうです。
使い続けていると、だんだん肌の色がワントーン程明るく感じられるようになりました。

 

次に化粧水をつけた後、パックをし、その状態で美顔スチーマーをあて、10分程じっくり保湿のケアをしました。最初は少し面倒くさく感じましたが、スチームをあてている間はとても気持ちよく、リラックスが出来たのと、パックは安いパックでも充分保湿効果を感じることが出来たので、続けることが出来ています。

 

その他には今は特別なことはしていないのですが、最近は人から肌を褒めてもらえるようになり、お手入れの時間が楽しみになってきました。何をしても効果が出辛い方には、まずは保湿対策がおすすめです。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:26:02

自己流透明美肌になるために行っていること

 

私は現在20代半ばで福祉業界て働いております。仕事の時はファンデーションと眉毛をかくだけの簡単メイクではありますが不規則勤務で夜勤もあるのでいくら薄化粧といえど肌への負担は大きいです。夜勤明けの自分の顔は鏡で見る勇気が起きないです。そんな私が美肌になるために日々している習慣をご紹介します。

 

朝は無添加石鹸で洗顔し、化粧水をたっぷり染み込ませてから化粧をします。この無添加石鹸はネットで評判が良かったので購入しリピ中です。無添加ときくと身体や環境には良いが使用感はイマイチなイメージがあったのですが、無添加石鹸でも肌がモチモチになります。無添加石鹸にした理由は、朝ぐらい身体に優しいものを使いたいという思いからです。
そして仕事から帰宅後はまずメイクを落とします。

 

化粧をしていると皮膚呼吸を妨げてしまいますし、余分な脂が出ますし毛穴も詰まります。なので一刻も早く肌を休ませてあげるためにもすぐメイクを落とします。次に洗顔ですが、ここでは2回行っています。一度では中々汚れが落ちない気がするので、、洗顔料はメナードのつき華を使っています。価格の割に良い仕事してくれています。そして入浴が終わってからすぐに化粧水をたっぷり肌にしみこませます。

 

その後乳液をつける前にマッサージクリームを使い顔全体のマッサージをしています。そして最後に乳液を染み込ませます。簡単に見えますが、中々継続するのは大変ですが美肌になるためならなんのそのです。マッサージは肌の弾力が戻りますし、表情筋も鍛えられ良いです。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:26:02